上海福贸展览服务有限公司
        日本各类展会
专业组团 参展参观

40カ国・750社メーカーが商談:第6回国際ファッションワールド東京 春

2
第6回国際ファッションワールド東京 春会場の様子

 日本最大級のファッション関連製品展「第6回国際ファッションワールド東京 春」が3月27日から28日、東京都江東区の東京ビッグサイトで開催された。40カ国・750社の衣類やバッグ、靴など受注生産(OEM)メーカーや素材メーカーが出展し、約2万5000人が来場。出展者は来場したバイヤーらと熱のこもった商談を行った。

 お客の足の形に合わせた高機能のインソール(靴の中敷き)オーダーシステムを提案したのは、BMZ(群馬県みなかみ町)。スキャナーに足を乗せると、3Dセンサーが足の形状を測り、モニター画面に画像が映し出される。そこで外反母趾や偏平足など足の問題を分析し、それぞれに合ったインソール(中敷き)を製作する。「体の不調は足が原因であることが少なくない。まず自分の足の状態を知ることが大事」と同社の高橋大悟・統括管理部長。「1~2足なら1週間程度で完成する。OEMで大量に製作することも可能」と話した。

 畳縁(たたみべり)や柔道着などに使われている刺し子、京都・西陣織の金襴など、日本伝統の技術を活かしたバッグやアクセサリーを展示したのは照手(東京都荒川区)だ。いずれの技術も製作にあたる職人が高齢化し、後継者不足に悩んでいるが、「日本独自のもので廃れていくのは惜しい」と同社ファッショングッズ部の笠原幸夫チーフは話す。用途を変えデザインを工夫して生まれ変わった製品群は海外メディアの注目を集めていた。

 多機能素材や生地を使った製品も多数展示された。綿に数種類の鉱石からつくった多孔質ミネラル混合体「プラウシオン粒子」をコーティングした生地を紹介していたのはブラシオンテックス(名古屋市中区)。この生地で仕立てたパジャマや寝具は全身の血流を改善し、疲労回復やストレス軽減に効果があるという。同社の岩田自生代表取締役は「家庭で100~120回相当の洗濯でも粒子が付着していることを確認済み。国内メーカーと取引があるが、いずれは海外にも売り込みたい」と語った。